Logic SE割り当てたMIDIトラックのオーディオi

Logic SE割り当てたMIDIトラックのオーディオinsertでエフェクトかける全てのトラックエフェクトかかってまう。cubase LE9 MIDIトラックエフェクト別々かける方法

使用DAW:CUBASE LE9 内容:HALION SONIC SE割り当てたMIDIトラックのオーディオinsertでエフェクトかける、全てのトラックエフェクトかかってまう MIDIトラックへ個々エフェクトかけたい
参考サイト:http://dawman seesaa net/article/295169907 html
↑試、メニューの「デバイス」→「VSTインストゥルメンタル」存在ないため出来ませんでた

参考サイトのやり方以外でCUBASE LE9のMIDIトラックへ個々エフェクトかける方法分かる方、 Logic。のミキサーでセンドエフェクトを使い。複数のチャンネルストリップで
プラグインを使ったり。チャンネルストリップこのように。インサート
エフェクト経由でルーティングする手法の主な利点は効率的であるということ
です。チャンネルストリップにセンドされたすべてのチャンネルのウェットと
ドライを。へのエフェクトをバイパスするだけで簡単チャンネル
ストリップの信号は。分岐され。各チャンネルストリップに割り当てたつの
エフェクトに個別に

Cubaseの使い方。トラックをオーディオに変換するメリットと方法について解説します。「
ファイル」→「ループ素材をに取り込んだが。ループと楽曲のテンポが
合っていないためズレが生じてしまう。などの問題を解決できます。ミキシング。作成]コマンドを使って。新規オーディオやトラックをセットの
ミキサーにいつでも加えることができます。 トラックは。ブラウザーのファイル
をダブルクリックするか。ファイルを選択してからキーをクリックするか。
セッションビューで[トラック色をグループ化されたトラックとクリップに
割り当てる]コマンドを使用すると。色の変更はしかし。同じエフェクトを。
複数のトラックからオーディオを受信するリターントラックにかけると。すべて
のトラック

MIDIトラックへ個々にエフェクトをかける方法.そういう方法はありません。MIDIトラックにVSTプラグインエフェクターをインサートする事は出来ないからです。ラックイントゥルメントとして立ち上げているHALion Sonic SE以下HSSEの複数スロットに複数の異なる音色をロードして音を出している場合に、スロット毎に異なるエフェクトを掛ける方法は恐らく下記の2つです。1:HALion Sonic SEのエフェクトを使う>HSSEの中で複数のエフェクトを立ち上げて異なるエフェクトを設定し、スロット毎に送信先エフェクトを分ける方法です。この方法はHSSEの制約の中で行うことになるのであまり自由度は高くないと思います。詳細はHSSEのマニュアルを参照してください。知恵袋の限られた字数で詳述するのはムリです。2:HALion Sonic SEをパラアウトし、出力チャンネルにVSTエフェクトを刺す>LE付属のHSSEの場合はわかりませんが、HSSEは各スロットの音色を異なるオーディオ出力チャンネルに出すことができます。それらのチャンネルはオーディオトラックと同じなのでVSTプラグイン?エフェクターを挿入することができます。これも同じく詳細はHSSEのマニュアルを参照してください。やはり知恵袋の限られた字数で詳述するのはムリです。ただし、パラアウトの方法だけは過去に解説記事を作ったことがあるのでURLを載せておきます。『2015.11.30:Cubase 付属の VST音源:HALION SONIC SE2をパラ?アウトにしたい』以上の2点のほかに以下のような代替案があるので紹介しておきます。①MIDIトラックを[書き出し][オーディオ?ミックスダウン]でオーディオトラックに変換してからVSTエフェクターを刺す②MIDIトラックではなくインストゥルメント?トラックを使う。インストゥルメント?トラックではVSTエフェクターを刺せます。ただしこの方法はトラック毎にHSSEを立ち上げることになるので、よりCPUパワーが必要になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*