<DOC> 国防予算現在の5兆円段階的8兆円

<DOC> 国防予算現在の5兆円段階的8兆円ほど上げるべきだ個人的思。国防予算現在の5兆円段階的8兆円ほど上げるべきだ個人的思 国内世論置いておいて…
アメリカ日本円で35兆円程の膨大な国防予算ある聞きます 程の額ど うやって工面ているのでょうか 国民一人あたりの納税額多いのでょうか 割合高いのでょうか 辺詳く… 防衛費が過去最大の5兆2551億円。いい加減気づいてもらいたい。真の独立国をめざすには早急に国民の手に政治を
取り戻す必要がある。そして最終的には世界平和も目指すリーダーとして活動し
。段階的に核兵器や殺りく兵器の無い平和な世界実現を目指すべきである。戦争
は日本の防衛費。巡航ミサイルなどの打撃力。レーダーを無力化する電子戦能力。攻撃目標を正確
に捕捉する情報集力が欠かせないが。予算要求が認められれば。必要な装備の
本格的な整備が進む。 「小型衛星群も導入できれば。より高度な

12月。現在。新型コロナウイルスの新規感染者数や重症者数が過去最多となり。極めて
警戒すべき状況が続いています。を要請した場合のいわゆる協力金を国として
支援するために。地方創生臨時交付金を1.5兆円。確保します。首脳間の
個人的な信頼関係を深めるとともに。日豪の特別な戦略的パートナーシップを
大きく進展させること臨時国会が終わりますと。令和3年度予算編成に向けて
動きが本格化すると思うのですけれども。政府はこれまで防衛費は8年日本人は防衛予算の正しい見方をわかってない。来年度の防衛予算。兆円超で過去最大」今年月。新聞やテレビなどが防衛省
の年度予算の概算要求について。兆億円財務省との折衝を経て。
この段階で総額の調整が行われ毎年月に政府予算案となる。例えば。本年度
年度の概算要求は兆億円だったが。米軍費用などが「事項要求」
とされ計上されていなかった。一方。防衛省の補正予算では通常予算で調達す
べき装甲車や航空機などの「お買い物」予算として利用している。

DOC。米予算教書は「きょうのことば」参照=関連記事8。9面に 九五年度の
歳出総額は約一兆五千百八十億ドルで。歳入総額は会議では。「景気対策優先
で。消費税増税を財源としない所得税減税の対案を示すべきだ」などの意見が出
たものの。当面は与五兆円とされる新しい建設財源が見つからないためで。
当面は着工済みの三線五区間の整備を進める。改革を実施すれば財政赤字の
GDP比は。そのコストと積立額を段階的に組み込んでいくことによってわずか
な範囲内で国防費の評価基準としてのGDP。国防費の評価基準としての 。日本の令和年度
予算政府案が閣議決定され。総額増大する社会保障費が大きく報じられる
一方。防衛費は特に大きな問題点として議論されることなく兆億円が計上
された。内閣府の統計によれば。年の日本のは兆円であり。これ
を基準とすれば年度の防衛費が国防のために必要とする軍事的能力を基本
として。その獲得?維持のために計上されるべき国家予算である。

経済規模が大きい、また予算における割合が高い。2018年度だとGDP比で3.16%。*日本は0.92%。因みに先進国が大体2~3%なのでアメリカが突出して多いというわけではありません。日本とかドイツが突出して少なくはありますが。まぁ、日本がアメリカ並になっても16兆円ぐらいなのでアメリカは多くは見えますが。*大体日本の防衛予算がアメリカ4軍で最も規模が小さい海兵隊と一緒です。*今は宇宙軍もいますから5軍。厳密には沿岸警備隊もアメリカでは軍事組織なので6軍ですが。あんたは日本とアメリカの国力の差もわかってねぇのかどっかのバカが日本を技術大国、なんて知りもしねぇで適当なこと言ってるけど日本の技術が高かったのは80年代でそのときでさえアメリカの1/10だぞアメリカは今でも世界の富の25パーセントを1国で有していて年間税収も日本の40兆に対してアメリカは日本円にして440兆円日本とは桁が違うんだよっなんで桁が違うか?日本企業とアメリカ企業の能力の差マイクロソフトとか年間利益が3兆6000億円もあるんだぜトヨタが2兆円の利益?バカ野郎、あれはインチキだトヨタはアメリカや中国やEUに現地法人作ってる現地法人はその国で法人登録したその国の企業でその国での売り上げはその国で税金払うんだトヨタは日本にほとんど税金払ってねぇんだよ5年間1円の税金も払わなかった年もあるくらいだこんな反日企業があるから日本は貧乏なんだよっトヨタは超ド反日企業の代表だ貧乏国なのに国防に金を使いすぎだから予算を減らしたほうがいい高級品だからと言って攻撃ヘリやF35戦闘機は戦争でもないのに簡単に落ちて性能はよくない安価で数が出てて実績がある機体を選択したほうがいいブルジョワのように湯水のごとき予算で爆買いする今の自衛隊方式はむしろ国を破壊している段階的に、現状のGDP比約1%の5兆円超から、1.5兆円程度まで削減すべきですね。貧乏国が国防に予算を使い過ぎです。10年ぐらい前だったと思いますがベトナムでは、国防能力を上げて、軍事費を30%削減ということだったです。日経新聞が報道していました。少子超高齢社会の日本では、こういう方向性のほうがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*