3:4:5の三角形で AB=6cmCA=CB=5cm高さ

3:4:5の三角形で AB=6cmCA=CB=5cm高さ4cmの二等辺三角形。AB=6cm、CA=CB=5cm高さ4cmの二等辺三角形 、四角形BDEC四角形ACFG正方形
(1)GDの長さcm
(2)四角形FGDEの面積
答え(1)14cm (2)44?
中学受験
解き方教 えてください 3:4:5の三角形で。1。2。2 の三角形 → 二等辺三角形で,頂角約29°,底角約76° 2。2。3
の- 問題には,斜辺5cm高さ4cmの平行四辺形を提示し
ます。 R=a+b2-1/2ab×4直角二等辺三角形。直角二等辺三角形の選択入力値から他の要素の値を計算します。二等辺三角形の面積をどうやって求めるの。中学受験算数の平面図形分野では。二等辺三角形の面積を求める問題が出題され
ます。これで高さのを求められたので。面積公式に当てはめて×÷=
です。そのため。はの半分でです。

1まず、AからGDに直角な線Aから真上に線を引いてください。その線とDG の交わった点をHとします。三角形AGHと三角形ABCの半分を見比べると、合同のはずです。証明、[中学で《公立は》やるので無視して良いです。]AB の中点をJとする。正方形より、GA =AC仮定より、∠GHA=∠AJC =90 ゜図より、∠GAH=∠GAC―∠HAC∠CAJ=∠GAC―∠HACよって、∠GAH=∠CAJ直角三角形の斜辺と一つの鋭角がそれぞれ等しいので、△AGH ≡△ACJ ここからは、必要です。合同なら、対応する辺の長さは同じなので、GH は4㎝BCED でも同じようにすると、Dから4㎝取れます。残りは、ABを真上にあげた長さと同じなので、6㎝全て足すと4+4+6=142F からDGにFG と同じ長さの線を引いてください。ABCと合同な図形ができたので、高さは4㎝1で出した14が台形の下辺上辺は、ABC の下の辺が6㎝なので先程の図形の底辺も6㎝。Fは、それの半分の真上に、つまり、ABCのCの所に有るので、3㎝削れる。ED 側でも、同様に削れる。よって、FGEの長さは、14―3―3=88㎝台形の公式で、14+8÷2×4=4444 ㎝2ピンク色の三角形は△ABCの半分と同じ形になります。14+3+3+4=1428+14×4÷2=44

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*