香川県職員 香川県でゲームの利用時間制限するっていう条例

香川県職員 香川県でゲームの利用時間制限するっていう条例。香川県で「ゲームの利用時間制限する」っていう条例
の素案上ったそう憲法や法律違反てますよね
まぁ、否決されて終わりだ思
否決されて終わりよね 可決される可能性てか ゲーム条例訴訟。子供のゲーム利用時間を制限する香川県のインターネット?ゲーム依存症対策
条例は憲法13条が保障する幸福追求権などを侵害し違憲で。精神的苦痛を受け
たとして高松市の高…香川県でゲーム利用時間制限する条例案が提示されネット大炎上。これをきっかけにゲームの悪いイメージが根付いていくなら香川には住みたく
無いという人も続出しています。 こどもの頃にいろいろ制限された人は。おとな
になったらそれを取り戻すかのようにハマりこむのが普通。

ゲームは1日60分。目安があるといい」という保護者の声がある一方。ネット上を中心に反発する声
も上がっています。 高松放送局香川県議会が1月日。初めて示した素案の
ポイントは。スマホの使用時間の制限を示していること。 条例対象は
あくまで「依存症につながるようなインターネットやゲームの利用」としていて
。学習目的の使用は制限していません。香川県によると。成立すれば全国の都
道府県では初めて。ゲームの依存症に特化した条例になるとしています。ご提言等の内容ゲーム?スマートフォン使用時間制限の。香川県でゲームやスマートフォンの使用時間を制限する条例を制定しようとして
いるというニュースを聞いてとても残念に思いました。 危険だから?迷惑だから
という理由で。公園の遊具は撤去され。サッカーや野球などの

香川県が?ゲーム規制?に必死になる根本原因。以前取材した教員は「休日は日時間とか時間遊んでいるという生徒の話は
よく聞く。。香川県はスマートフォンやゲーム機の利用を制限
する「ネット?ゲーム依存症対策条例」仮の素案を明らかにオンラインゲームに時間制限。委員長を務める県議会議長の大山一郎氏は「条例を制定することでルールを
全体で統一できたが。実効性を高めよという指摘を真摯に受け止めて。もう一度
練り直したいと思う」と話した。 今回の議論を踏まえて素案を修正香川県職員。香川県職員。「ネット?ゲーム依存症対策条例素案」についての反対意見を表明
「条例によって時間制限を設けるという発想自体が間違っている」 吹越友一
月日 公開

香川県が青少年ゲーム規制条例案:平日は60分まで木曽崇。香川県議会が。全国に先駆けて検討しているゲームやインターネットの依存症の
対策に関する条例の素案に。高校生以下とともに。夜間の利用は高校生は夜
10時以降。小学生や幼児を含む中学生以下の子どもは夜9時以降。制限する
ことが盛り込まれるということです。一方で。今回の香川県の計画している
ゲーム利用時間制限はあくまで保護者や学校に対して「子供を守るための香川県。条例案は月に開く定例議会に提出する予定で。成立すれば全国初のゲーム依存症
対策に特化した条例になるという。 ? ,
関連

可決されようものなら今のネット社会なら日本中、下手したら世界中から叩かれると思うのでなかったことになるんじゃないかと……議員がよっぽどの老害じゃないと可決されないと思います個人の自由を縛ってますからね多分憲法違反かと「努力義務」ならともかく、「強制力を持ったルール」にはならないだろう。法律ですら、犯罪がらみもしくは何らかの要求があった場合でもなければ家庭内まで介入する権限は無いしな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*