電子版中国 中国新型のステルス爆撃機H20開発近く飛行試

電子版中国 中国新型のステルス爆撃機H20開発近く飛行試験行うそう爆撃機搭載されているエンジン中国国産ののか。中国新型のステルス爆撃機H20開発、近く飛行試験行うそう、爆撃機搭載されているエンジン、中国国産ののか 中国。中国が。中距離ならびに長距離のステルス爆撃機を開発していることが。新たな
報告で明らかになった。地域のアジアの超大国になった中国は年。国産の
ステルス戦闘機「-」「殲」を正式に配備。報告書にはさらに。「
それらの新型爆撃機には性能が追加され。現在運用されている爆撃機よりも
あらゆる面で設計においては。第世代ジェット戦闘機技術が多く搭載される
だろう」と続く。は中国の「ワクチン一帯一路」に対抗できるのか電子版中国。北京=時事中国が開発を進めてきた最新鋭ステルス戦略爆撃機「」が
近く初の試験飛行を行う見通しだ。はは尾翼のない全翼機で。外観は
米軍のステルス爆撃機とよく似ているとされる。国営中央テレビは月。「
新型長距離戦略爆撃機の研究開発で重大な進展があった」と報道。

中国次世代ステルス爆撃機「ハワイまで爆撃可能」。中国が開発している長距離ステルス戦略爆撃機H-20がグアムだけでなく
ハワイまで攻撃できるという見通しが出同紙は。米国防総省が8月の報告書で
H-20の飛行距離を米軍グアム基地まで到達できる8500宋忠平氏はH-
20が中国の「3大核戦争力」構築の一環として米国領土まで到達できるよう
設計されたと話した。ステルス機など搭載日連続で400人台維持 韓国の
21日の新型コロナウイルス新規感染者数が400人台序盤と集計された。60年超え現役。中国の沖合キロをゆっくりと進む米空軍爆撃機の乗員は。無線機から
聞こえる警告を無視した。したレーダーを頼りに。太平洋上をジグザグ飛行し
。米国は未承認だが中国が「防空識別圏」と主張する空域内で機動作戦を行う
ために。敵の高度な防空網をすり抜けるため。空軍は次世代ステルス爆撃機
「レイダー」の開発を進めている。核爆弾基を搭載できる設計だった同機
はベトナム戦争では約トンの通常爆弾搭載能力を持つよう改造された。

中国の爆撃機。中国が開発を進めてきたステルス戦略爆撃機-が近く初飛行する見通しである
。は月に。-の研究開発で重大な進展があったと報じており。今月日付
の環球時報は軍事専門家の見方として。電子機器などのテストを終え試験飛行が
近いという見方を報じている。ただ。この新型戦略爆撃機とは全く新型機か
現有-の改良型であるのかは明らかでない。中国軍の定義によると。長距離
爆撃機は以上の空対地武器を搭載し,以上の航続距離を持つとされて
いる。J。搭載された エンジンは鋸歯状の噴気ノズルを持ち。ステルス性が
追求されていることが分かる。 , , 中国-戦闘機が
新型国産エンジンを搭載。メディアは飛行性能の向上を強調, –
では中国が長距離/中距離ステルス爆撃機を開発中としており。長
距離ステルス爆撃機は-であるとして。中, , 「-」
搭載予定のエンジン「-」に重大な進展か???すでに試験実施=中国
メディア

推測ですけど、国産じゃなきゃロシア製しかないです。でも、中国も一応エンジン作ってるので、国産を使ってると思います。コピーでしょうけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*