私道の評価 不特定多数の人自由通行できる所公道なり

私道の評価 不特定多数の人自由通行できる所公道なり。不特定多数の人自由通行できる所「公道」なり 不特定多数の者の通行の用に供されている私道。幅員メートル程度で通り抜けのできる私道は財産評価基本通達に定める不
特定多数の者の通行の用に供されている私道に該当しますか。イ 公道から公道
へ通り抜けできる私道 ロ 行き止まりの私道であるが。その私道を通行して不
特定多数の者が地域等の集会所。地域センター及び公園などの公共施設や商店街
等に私有地や駐車場も含まれる。道路交通法によると。「公道」=『一般交通の用に供するその他の場所』となっ
ている。『一般交通の用に供する』というのは。『不特定多数の者が自由に通行
利用できる状態かどうか』が判断基準で。不特定多数の人が

道交法の『道路』の解釈?使用許可。道路交通法における『道路』> あ 公道 い 『一般交通の用に供するその他の場所
』 ※道路交通法2条1項1号の用に供する場所』の意味> あ 判断基準
『不特定多数の者が自由に通行利用できる状態かどうか』私道の評価。不特定多数の人が通行する私道については公共の道路と何ら変わりなく。自由に
処分できる状態でもないためゼロ円で評価します。複数の特定の人が通行する
私道については少しは財産価値があると考え。3割で評価します平成10年
以前は60%でした。公道から公道へ通り抜けできる私道。公共駐車場の「とまれ」は無視でもOK。ショッピングモールや百貨店の駐車場には。公道と同じように「止まれ」や「
徐行」などの道路標識があります。道のほか。「一般交通の用に供するその他
の場所」とされ。「不特定多数の人や車両が自由に通行できる場所」に適用され
るとしています。被告はこの駐車場で深夜。軽自動車を無免許で飲酒運転を
したとして裁判になりました。駐車場の立地と構造から一般の通行人が
通り抜けていたことも否定できず。「一般交通の用に供するその他の場所」と

不特定多数の者の通行の用に供されている私道か否か。ここで。図のような私道は。①と②。いずれの方法で評価することになるの
でしょうか。 公道から公道へ通り抜けが可能な私道ですが。両側に階段があり。
車の侵入はできず。実質的に宅地私有地なら運転免許証なくても運転できるは間違い。しかし。私有地であっても「ほかのクルマや人の出入りがある」。「公道に面し
ている」などの場合。道路と見なされるケースがあるのだ。つまり。駐車場
など。道路としての体裁を有しない場所であっても。一般交通の用に供されて
いる部分が客観的に識別つ目は。「公開性の有無」で。不特定多数の人の
通行が「制限なく自由にできる」所ではなく。そこを通ることについて

私道とは。本記事では。私道と公道の違い。私道の権利。私道で起こる駐車禁止。通行など
のトラブルについてご説明します。道路交通法条で。道路とは「道路法。
道路運送法に規定する道路などの他。一般交通の用に供するその他の場所」と
規定つまり。私道であっても。不特定多数の人や車が自由に通行できる状態の
私道は。道路交通法の規制の対象になると考え位置指定道路」は。土地所有者
の私有地で私道になりますが。「公益の保護」のために所有者以外の人が通行
できるなど私道。私道も個人の土地の一部ですから。相続税の課税対象になりますが。公的な役割
をしている部分ですから。通常の土地とは評価の方法が異なります。不特定
多数の人が通行する私道 については 公共の道路と何ら変わりなく。自由に処分
できる状態でもない ため ゼロ円で評価 します。したがって。評価する必要も
ないのです。, なお。不特定多数が利用するとは。 公道から公道へ通り抜け
できる私道

公道の対義語は私道になりますが、道路交通法上はいわゆる道路だけでなく、一般交通の用に供するその他の場所も道路とされています。道路の体裁を成していなくても、私有地であっても、不特定多数の交通歩行者も含むの実態があれば道路とみなされます。たとえば私道、河川敷、空き地等。開放性、反復性があれば道路交通法の適用となります。事故、違反もいわゆる道路に準じて処理されます。一方で、門や柵などでクローズドスペースになっていればその限りではありません。「公道」とは個人または団体などの所有地を道路として保持?管理する「私道」と区別されて国や都道府県?市町村が管理している道路のことを指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*