気象業務はいま 気象庁発表する台風の暴風域入る確率発表す

気象業務はいま 気象庁発表する台風の暴風域入る確率発表する際の地域区分次のうちどれ。気象庁発表する台風の暴風域入る確率発表する際の地域区分次のうちどれ

1次細分区域2次細分区域市町村などまめた地域 気象業務はいま。気象警報?注意報は。災害に結びつくような激しい現象が発生する概ね3~6
時間前に発表を。そのうち短時間の強い雨に近年の例では。平成年月
日の長野県北部の地震。平成年台風第号等により。一部の市町村では大雨
警報?注意報の「暴風域に入る確率」を各地域の時間変化のグラフ時間
刻みと日本周辺の分布図で示して時間ごとに発表します。※「地方」
については本章「○季節予報」の項の図「地方季節予報で用いる予報区分」をご
参照ください。暴風域に入る確率地域ごと時間変化。ただし。実況が熱帯低気圧の場合は。情報を発表しません。 地図をクリック
すると該当する府県の暴風域に入る確率詳細地域ごとのグラフを表示します

『市町村などをまとめた地域』ですね。暴風域入る確率は、1次細分と2次細分の間にあたる市町村などをまとめた地域ごとに発表されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*