格助詞の働きを学ぼう どような役割主語作る並立の関係つく

格助詞の働きを学ぼう どような役割主語作る並立の関係つくるなどするか教えて頂きたい。国語の文法ついて
学校で宿題出されたの、答えないので合っているか分かりません(;;)
分かる方答え

「」の中のの助詞の種類か(格助詞、接続助詞な ど)、ような役割(主語作る、並立の関係つくるなど)するか教えて頂きたい
出来れば、なぜ役割なるのか教えて頂きたい

①弟「」、ゲームた
?弟帰ってきた「」、姉知らせてくれた
?弟帰ってくる「」、家の中ぎやかなる

②図書館「」完成た
?遠回りた「」、時間通り到着た

③隣の教室「」、笑い声聞こえた
暗くなってきた「」、明かりつけた

よろくお願いますm(_ _)m国語文法。定期テスト対策サイトは。中間や期末などの定期試験?定期テスト対策のための
サイトです。ベネッセ調べたいテスト科?を選択する ?校?中学校をませ
ん。並立の関係の見分け方を教えてください。この例文の「猫と」の部分と「
小鳥が」の部分は,いずれも「何が」主語を表しています。このように2つ
以上の文節が同じ働きをしているものを並立の関係といいます。 主語以外にも,
並立の関係かどうかを判断するには,文節の内容を入れ替えてみます。
入れ替えて

助詞とは。言葉と言葉をつなぎ。微妙な意味を肉付けする重要な役割を果たすのが助詞です
。名詞などのうしろについて。その体言が。文中の他の言葉に対してどの
ような関係かを示す働きをする助詞格助詞には主語?連体修飾語?連用修飾語
?並立をあらわすつの使い方があります。 これは。学校文法では「の」は
主語を作る格助詞としていますが。日本語文法では。この働きを例外として
より深く助詞?助動詞を知りたい場合は。以下の書籍がおすすめです。格助詞の働きを学ぼう。修飾語 宿題をする。 ③ 連用修飾語をつくる〔を?に?へ?と?から?より?
で〕格助詞とはなにか。どのような働きをするかを見ていきましょう。この
文では。「食べる」という動作の 主体 しゅたい が「鳥」であり。「食べる」
ものが「えさ」であることを意味しています。 B鳥主語?述語については
。「文節の働き主語?述語」のページを参照してください。 また。「
この文では。「鳥と」と「えさを」という文節が 並立 へいりつ の関係になっ
ています。

修飾語しゅうしょくご修飾している言葉。見つけるコツはありますか? 進研ゼミが回答します 修飾語とは。文の中で「
どんな」「何を」「どのように」「どこで」などいろいろなことを表し。ほかの
部分の内容をくわしく説明する部分のことです。 主語でも述語でもない部分が
修飾語

①弟「と」私は、ゲームをした。… 格助詞?相手?弟が帰ってきた「と」、姉が知らせてくれた。… 格助詞?引用?弟が帰ってくる「と」、家の中がにぎやかになる。… 接続助詞?順接②図書館「が」完成した。… 格助詞?主語?遠回りをした「が」、時間通りに到着した。… 接続助詞?逆接③隣の教室「から」、笑い声が聞こえた。… 格助詞?起点 暗くなってきた「から」、明かりをつけた。… 接続助詞?理由※ 格助詞は主に体言に続き、接続助詞は活用する単語に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*