東南アジア条約機構 東南アジア条約機構SEATO共産主義

東南アジア条約機構 東南アジア条約機構SEATO共産主義勢力の拡大阻止するためアメリカ結成た教科書書いて名称東南アジア条約機構なのアメリカや英や仏入ってるのなぜか。東南アジア条約機構(SEATO)、共産主義勢力の拡大阻止するためアメリカ結成た教科書書いて、名称東南アジア条約機構なのアメリカや英や仏入ってるのなぜか 東南アジア仲間だよってこか 東南アジア条約機構。年。フィリピンのマニラで調印された東南アジア共同防衛条約通称マニラ
条約に基づき結成された組織条約もまた。と呼ばれる。調印国は。
アメリカ。イギリス。オーストラリア。タイ。ニュージーランド。パキスタン。
フィリピン。フランスのを定めたジュネーヴ会議で。は。東南アジア
地域への中国の拡大を牽制する目的で結ばれた安全保障条約である。また。
合衆国によって。共産主義勢力による侵略の場合にのみ介入する旨の条項が挿入
された。

東南アジア条約機構とは。東南アジア条約機構読みとうなんアジアじょうやくきこう英語表記
略称 。 年月にマニラで結ばれた
東南アジア集団防衛条約 年月発効 に基づいて設立された地域的国際組織
。のあと,アメリカの発議で,東南アジアにおける共産主義勢力の拡大を防ぐ
ことなどをおもな目的として設けられた。安全を危うくするものと認め。各国
の憲法上の手続に従って共通の危険に対処するために行動する本条約条項

「お前たちが共産主義の脅威から守ろうとしても、軍事力その他で不十分な部分は多いだ墺。そこで我々米英仏が力を貸してやる」とおせっかいというか、最初からそれが狙いで独立後も派遣を握るためか、名を連ねているのです。それによって米軍の後ろ盾によって独裁軍事政権が生まれ、独立しても旧帝国主義に首根っこを押さえられる場合があるのです。米国は、アジアにおける資本主義国の盟主、つまり軍事的経済的スポンサーです。英国とフランスは 東南アジアの元宗主国でまだまだ利権を有しており責任の一端を負います。つまり西側諸国で軍事的経済的余裕のある国家が 東南アジア各国の共産主義化を連合して防ぐための組織です。1950-60年代当時は、ベトナムやビルマだけでなく、タイ、カンボジア、ラオス、マレーシア、フィリッピンでは、共産主義ゲリラが 蠢いていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*