新?現場監督必見 スリーブの施工写真の撮り方

新?現場監督必見 スリーブの施工写真の撮り方。スリーブの施工写真の撮り方 躯体工事。写真素材?イラスト販売のピクスタでは万点以上の高品質?低価格
のロイヤリティフリー画像素材が円から購入可能です。躯体工事 スラブ
スリーブ入れ[]の写真素材は。加工。作業。状況のタグが含まれてい
ます。利用可能な用途と禁止事項について クレジット表記の掲載方法はこちらスリーブの施工写真の撮り方の画像。営繕工事記録写真撮影要領。請負人は。工事記録写真が。工事の着手前から完了までの使用材料や施工状況を
撮影することで。 完成後不可視となる撮影に係る工事担当者は。施工計画に
基づき撮影の日時。方法。密度等を現場内に周知し。撮 影時期を逸することの
各設備の配管。スリーブ等取付後の全景を撮影する。 階 段 屋 上

新?現場監督必見。またそれは。施工工程や使用した資材の証明にもつながります。 写真は。工事が
適切に行われた証拠として重要な位置づけとなるのです。 工事写真撮影の流れ

スリーブの施工写真は、スリーブを適正な位置に入れた、後々の証拠となるものです。ですから、スリーブのサイズと、躯体上のその位置があとで追認できる写真であることが必要です。そのためには①スリーブの用途名とサイズ。?スリーブの補強状況。③型枠などからの寄り寸法やレベル高低が分かるように、巻き尺を添付。などして写真を撮ると良いでしょう。①は小黒板を使ったりします。躯体の埋設部分になりますから、補強筋がきちんと施工されている状況を撮らなければいけませんね。仕上がったときに隠れてしまうところは、必ず記録しておく。これが一番大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*