延床面積とは 学校の課題で各階の面積300m^2くらいの

延床面積とは 学校の課題で各階の面積300m^2くらいの5階建ビル設計するの各階トイレいくつあったら良いか。学校の課題で各階の面積300m^2くらいの5階建ビル設計するの、各階トイレいくつあったら良いか (1?3階商業施設あり、4?5階貸事務所) 延床面積とは。階建ての一般的な形状の家であれば。階と階のうちどちらか大きなほうの
面積です。この建築面積の敷地に対する割合を決めるのが「建ぺい率」です。
例えば建ぺい率が%と指定された地域にあるの建ぺい率とは。それだと。広大な平屋や高層の住宅など。みんなが好きなように建物を建て。
都市計画や景観を無視した建物が乱立してしまうことにつまり。階部分と階
部分とで建築面積が違う場合。広い方の面積を採用して建ぺい率を計算すること
になります。各階の床面積の総合計つまり。「本来は容積率%まで建築
しても良いけれど。この土地に関しては%に抑えなさい!建ぺい率や容積
率が制限されることによって。住宅の設計は大きく影響されます。

学校の課題で各階の面積300m^2くらいの5階建ビル設計するの各階トイレいくつあったら良いかの画像。

まずそれぞれの使用人数を想定します。店舗であれば50?60人?オフィスは20人?その人数にあったトイレの数を資料やTOTOなどで調べます。事務所は男子小2大1手洗い2掃除1、女子大2手洗い3くらいでいいのでは?店舗もそれくらいでいいと思います。小さい建物だから。類似規模の平面をコピーしておくと形状や位置も含めて参考になるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*