学校だより 担任の先生プレッシャーなっているこ相談て気な

学校だより 担任の先生プレッシャーなっているこ相談て気なければいいよかで頑張ろうか想っての前向きな言葉言ってくれでやっぱりプレッシャー負けてまう気持ちの方強い。中学3年女子 あ3ヶ月ほどで高校受験なの、悩んでるこ

現在高校3年生の兄 兄高校受験の時塾通わず勉強あまりやっている様子なかったけれど、偏差値50ちょっ の高校入学 そて高校入って塾等通わず、先月、AO入試で理数系の大学受験、見事合格 嬉かったけれど、本当だったら「一緒受験頑張ろうね」なっていたころ兄だけ先合格、複雑な気持ち 両親や祖父母すごく喜んでお祝いて まぁ良いの、祖父母達同じく受験生の「次○○だね、頑張って」言われます てプレッシャー 目指ている高校偏差値65くらいのころなの、模擬試験の結果、合格率40%以上いうの現状 兄頭良いのか悪いのかわないけれど、兄の方要領良いの確か

両親や祖父母期待されるのて嫌で、プレッシャー勝てない自分嫌 志望校合格できなかったき、両親どんな顔されるのか、自分どんな顔すれば良いのか、不安だらけで仕方ありません
、兄同じで塾通っていないの、兄中学生の頃確実の方勉強てる思う、友達の勧めで塾通おうか考えて か、塾の予習で全くついていけず、さら不安増て か、気負けず嫌いなので、ついていけないの悔くて涙流てまうこ
担任の先生プレッシャーなっているこ相談て、「気なければいいよ」か「で頑張ろう」か想っての前向きな言葉言ってくれ、でやっぱりプレッシャー負けてまう気持ちの方強い

そんな周りのプレッシャー、不安どう立ち向かえば良いでょうか 学校通信「海の声」。強く言い過ぎたり。相手を傷つける言葉を言ったりして。言い方が六年生の課題
となっています。例によって例のごとく。校長先生。参戦???。そして夢中
になってるとチャイム。他の授業。回れていない???。より。教科書に書い
てあるコメントが書く視点を明確にしている気がします???。その輪が少し
拡がればいいなあと思って。御所浦小壁新聞「ごしょっこにこにこ元気玉」第
15号を発行しようと作っていたら。企画運営委員の2人が。来週からの取組を
説明に

学校だより。子どもは。親に。育児という経験をさせるために産まれてきてくれたのです。
だから。親きっと。野木沢小学校の子どもたちは。ここしか食べたことがない
ので。これが当たり前と思っているでしょう。しかし。いろいろな学校の給食を
食べてきている先生方は。「ここの給食はうまい」と思っているはずです。
もし。変わらないとしたら。真民の言葉を借りれば。それは。「まだ。本気に
なってない証拠だ」ということです。子ども是非。一度見てみてはいかが
でしょうか。木更津市立清川中学校。お祝い事に欠かせないケーキに使われることの多い苺ですが。花言葉もお祝いに
ふさわしい明るい意味を持つものがほとんどです。いよいよました。そんな
一流のアスリートからのメッセージを年生の皆さんはどのように受け止めた
でしょうか。各学級の保健委員の皆さんが保健室に集い。配付準備を進めて
くれました。とは言え。生徒たちは練習の甲斐もあって。様々な質問に対して
随分スムーズに答えられるようになってきているようです。意気込みを持って
頑張ろう!

[学級通信]の記事一覧。足切り」といって。定員に満たない場合でも。ある一定の学力に達していない
受験生は不合格となってしまうことがあります。みなさん。もうそろそろ自分
の進路をどうするか。固まってきている頃でしょうか?が別れ際に頭を撫でて
くれながら「無事でいるんだよ」と言った言葉が忘れられない 以前にも述べた
通り。『万葉集』は現存する日本最古の歌集であり。7なんて簡単に書いて
いると「人のことやと思って」と叱られそうですが。担任としては。やっぱり「
頑張れ!今なお心に刻まれている。スタディサプリ中学講座では。教育?学習に関することなどを発信していきます
。誰にでも心に深く刻まれた。あの日。あの時。あの場所で聞いた先生の言葉
というのがつやつはあるのではないでしょうか。勉強だけではなく。時には
人生についても語り聞かせてくれたんですから。それはもう忘れがたいはずです
。高校の担任が入学式のあと『学校は勉強する場所ですが。他にやりたいこと
があるならそっちで本気になってもいいです。と急に熱弁をふるってきて何事
かと…

中学3年生の子の母です。giy********さんは、高校受験にちゃんと向き合っていて、まじめに考えているのがえらいなあと思います。志望校をきちんと狙い定めて、塾に通うことも自分で考えて、負けず嫌いで悔し涙を流すというまじめさがえらいです。家族からのプレッシャーや合格率に不安を感じるのは仕方ないです。それはそれと割り切って、できることをするしかないかなと思います。塾の予習でわからないことは塾の先生に聞いてみる、できなかった問題はできるようになるまでやり直す、入試の過去問をやってみる、など、今できることをコツコツとひとつずつやっていくのがよいかと思います。プレッシャーや不安を感じても、それはそれで置いといて、今できることを何か一つやってみる。の積み重ねが、きっとgiy********さんの力になると思います。健康第一で受験のりこえてね。応援してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*