哲学がないと人類は生き残れない 運命いう言葉いろいろな意

哲学がないと人類は生き残れない 運命いう言葉いろいろな意味物理学で言うころの決定論的な考え方ている宗教おける説明ような物か。運命いう言葉いろいろな意味、物理学で言うころの決定論的な考え方ている宗教おける説明、ような物か 哲学がないと人類は生き残れない。出口康夫さんは。日本の哲学界を牽引してきた京都大学で。現在も最前線の研究
をしている哲学者だでも哲学は。知的な共同作業によって社会基盤としての
インフラを支え。よりよいものに変革していくという。見逃しがちものの
考え方の共有」は。人類にとって決定的に重要なサバイバルの戦略。概念装置
の洗練と共有という。広い意味での哲学的活動がなければ人類は生き残れないと
。僕は考えています。例えば。現代では。物理学はさまざまな分野に分かれ
ています。運。われわれは, 運命としづ言葉をかなり日常的に使っている。に,運命を
めぐる問題は,ただちに,因果的,科学的な思考でこの人生 ?世界の実相をとら
それでは貴様は宇宙に神秘なしと言うお 考える」といわれている場合の
ように,人間の抱いた意図,目的が原因となって出来事が生じるわれわれは
ここで,自然がもっ因果必然性とはどういうものかを考えてみる必要がある。
いかに誤っているか,さらには,自然そのものすら,けっして,機械論的決定論
的に説明し

物理学的考え方ではなく遺伝学的考え方を取ると、運命とは命の運びと言う意味です。命とは容姿や性格、好き嫌いや得手不得手などその人の個性のことです。人生は一瞬一瞬の判断と行動の積み重ねですが、その判断と行動を決定していのが個性です。この一瞬一瞬の判断と行動の積み重ねが運びであり、その一瞬一瞬の判断がその後の人生を決定づけていきます。 カッコウという鳥は自分で子育てしません。他の鳥の巣に卵を産み付けて子育てをさせます。他の鳥に育てられたカッコウの子供は育ての親の真似をせず、見たこともない生みの親と同じように托卵するようになります。これは遺伝子にどういう生き方をするかということが組み込まれているからです。 遺伝子には容姿や背格好だけでなく、性格や好き嫌い、運動や勉強などの得意なこと不得意なこと、他には好きになる異性のタイプやどんな病気に罹りやすいか等、その人の個性の全てが遺伝子に組み込まれています。それは生まれた瞬間にその人がどういう生き方をするかがある程度は決まっていると言うことです。したがって運命は生れた時にある程度決まっていると言うことになります。 キリスト教では運命は生れた時に神様がお決めになることになっています。したがって病気になって死ぬのも、事故で死ぬのも、殺されて死ぬのも、すべて神様がお決めになった運命ということになります。そして運命を変えることができるのも神様だけです。神様が奇跡を起こされた時だけが運命を変えることができるのです。九死に一生を得た場合、キリスト教徒は神様が奇跡を起こされたので助かったと考えますが、日本人は「運が良かった」という言い方をします。キリスト教は自分で運命を変えることはできませんが、仏教は運命を変えることができると考えています。その理由は、運命の元になる原因はすべて自分が作っているという考え方に基づいているからです。『バガヴァッド?ギーター』 Bhagavad Gita文字どおりには、神の歌。『マハーバーラタ』の一部で、その中で、主クリシュナと戦士アルジュナが、決戦を前にして対話する。それは、『バガヴァッド?ギーター』でも述べられています。主クリシュナはアルジュナに、「『私』は、すでに彼らを殺した。あなたは、自分の友人、隣人、親せき、先生を殺すことを心配している。」と言います。でも彼は、自分がすでに彼らを殺したと言っています。言い換えるなら、映画は、すでに起こったのです。「私」が物語を書き、「私」が脚本を書き、「私」が映画の中の登場人物を演じ、そして、「私」がすでに起こった映画を観照しているのです。おわかりですか?ですから、私たちが何を話そうと、価値はありません。そして、これこそラマナ?マハルシが、創造もなく破壊もなく、それはただ映画であると言ったときに、まさに言わんとしたことです。それなら、源泉が映画を創造する前は、何がそこにあったのでしょうか?何もありません!創造はありませんでした。そして、映画さえ本当は創造ではありません!誰がかまうもんか?! ―ラメッシ?バルセカールのユニークな教え― より抜粋。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*