パナソニック 昔疑問だったの宇宙戦艦ヤマトの波動砲でエネ

パナソニック 昔疑問だったの宇宙戦艦ヤマトの波動砲でエネルギー充電120%か言可笑くないか。昔疑問だったの、宇宙戦艦ヤマトの波動砲でエネルギー充電120%か言、可笑くないか 100%正くないでょうか ヤマト以外で120% か使う人、100 %以上ないよね 確認の際によく指摘される項目。宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち []バルゼー艦隊と戦闘中にワープ
アウトして来た地球艦隊主力戦艦の数と波動砲で直接白色彗星撃滅のために
行った全艦マルチ体系の艦数が合ってないと思ったのは。デスラー復活と波動
砲艦隊登場以来謎めいた存在だったキーマン中尉 の正体。人類最後の希望
は地球艦隊と旧敵ガミラスの連合艦隊による共闘を指すのか。或いは別の何かか
???エネルギー充填120%。様々な『好き』を当店で活かしてみませんか? ☆『でも。スキルとか技術とか
経験とかはあまり無いし??????』 ↓↓

パナソニック。波動砲の発射口を思わせる吹出口の上部には。宇宙海軍「 」の
ロゴも印される。赤を点灯すれば。波動砲発車直前の「発射待機状態」
となり青では「エネルギー充填%」になる。エネルギー充填120%。宇宙戦艦ヤマトの波動砲発射の際のお約束 概要 宇宙戦艦ヤマトの最大の武器「
波動砲」使用の際には。砲に波動エネルギー字面からして%の方が威力は
ありそうだが。機関への負担を考慮して遊びがあることを考慮しても過充填で
機械が壊れてしまわないか心配でもある。ため。始動用エネルギーを限界
ギリギリまで注入するというものだったそれで成功率が上がるものなのかは
疑問だが。宇宙戦艦ヤマトの「エネルギー充填120%」で気づいたこと。ん~,円か~。買っても作らないなら意味ないしな~。 超大型/
スケール宇宙戦艦ヤマトプラモデル情報はこちらブログで使える

宇宙戦艦ヤマト2202。宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 第七章「新星篇」の映画レビュー?感想?
評価一覧。から波動砲を封印するとか多少の違和感を感じてはいたのです
が。の最終章で古代と森の救出方法に違和感ありが好きで???自分の
年の人生くだらん人生ですが??さらばほどの作品とまだ会ってないと言い
きれる素晴らしい作品。を発表するなど酷評だった版と同じ轍を踏んで
おり。これではなんのためのリメイクだったのか大変疑問に思います。昔疑問だったの宇宙戦艦ヤマトの波動砲でエネルギー充電120%か言可笑くないかの画像。

安全の為にリミッターをかけた所が100%緊急用としてリミッターを外した危険領域が20%上乗せの120%物理的破損を防ぐため普段はリミッター範囲内でしか使えない車でも、オーバーテイクのために一時的にブーストを上げるとか、ニトロを炊くとか普段を100%とすれば何秒かは120%ぐらいなら耐えれるもちろん遣り過ぎると壊れるし寿命も縮む勝手な推測だけど、波動砲で撃つ波動エネルギーって、目標に届くまでに電気と同じで減衰するんだと思う。その減衰率が20%前後なら、120%の出力で、目標に届くときにやっと100%になってることになる。つまり、120%と言ってるのは充填率ではなく、充填した量を目標到達時点の量で割った比率だと解釈すれば一応、筋は通るよね。宇宙の波動エネルギーは科学的に研究されているけど、それを蓄えることは理論上、無理らしいので、波動砲は空想の世界だけの産物と考えて、大らかに見てあげてね。限界というものを100%とするのであれば、あなたの考えは正しいです。そして、ヤマトの場合も限界を100%としていると思いますので、やはりおかしいと思います。確率の話なら確かに100%が上限です、それ以上はあり得ませんけれど充填率の話であれば100%を超えることは容易にあります乗車率だって繁忙期には頻繁に100%を越えますね可笑しくないです。現実の機械などでも100%以上を使用する事は珍しくありません。大抵の機械は、使用上の問題や、効果の問題などで安全係数を取られ、安全に使用できる最大限を100%としています。身近なもので言えば、車はレットゾーンと呼ばれる100%以上の回転数があるし、燃料タンクなんかも、ギリギリ一杯入れれば、規定数より何リットルの多く入れれる。携帯電話の充電池なども、100%充電と表示されていても、実際にはまだ余裕がある物も多いです。ハード側のソフトが認識しないので、それ以上充電できませんが波動砲の場合、大抵の場合、起死回生の一発として背水の陣で撃つ事が多いので、沖田艦長が、失敗したらどうしようもないので、念には念を入れて、あともう少しエネルギーを充填しておけ!という根性論にも似た発想が起点になっています。発射の時の沖田と古代のそういう会話がある「十分じゅうぶんではなく、十二分に」という感じです。ちなみに100%で撃った事例もあるんですよ。これが大ウケしたので、それ以降、アニメや漫画で、エネルギーの充填は120%までという鉄板ネタに成り、更にそれを見た子供が大人になり普通に使って現在に至ります。充電って可笑しくないですか?充填が正しくないでしょうか?波動エネルギーって電気じゃないですよね?質問に質問で返すw大体この作者、数学の観念が変テコです、古いシリーズですが女性士官が“宇宙キロ”と繰り返しいってました、宇宙であろうとどこだろうとキロは千倍、単位ではありません、宇宙ノット、といってくれればそれが毎秒1天文単位でも漫画だからと言う事で納得したでしょうが宇宙キロでは承知できません、そういうデタラメ一杯のアニメでした余裕を持ったエネルギー、100%なら100%フルに使えるわけではない、それ以下に落ちる、それでヤマトの波動砲は120%にしている波動砲に100%のエネルギーを使い残り20%は発射後、再起動用のエネルギーこれは小学校で教える「算数」や「理科」レベルでの解釈と中学以降に教える「数学」「物理」レベルでの解釈では同じ100%でも意味がかなり違います。まぁ、物凄く簡単に言うならコップに水を注いだ場合コップ一杯に水が入った状態を100%という場合コップからあふれてしまったりあるいは2杯目に注がれた水を「%」を使って表示しようとすれば必然的に「100%」以上の数字は必要になるでしょ。また帰省や通勤での電車の満員状態を座席数を100%と考えて「乗車率150%」とか「200%」とか言うのは聞いたことがあるでしょ。現実には「100%」というのはある基準に対してそれを完全に満たした状態を言い当然、満たした上でさらに上の状態を表したければ100%以上の数値が必要になる訳です。?????????????余談ですが1974年版では波動エンジン内のエネルギーに関して小宇宙1個に匹敵するエネルギーが圧縮されているという説明がありました。波動砲のエネルギー充填を波動エンジン内部のエネルギーを波動砲薬室内に充填する事だと考えると波動砲内のエネルギー圧は小宇宙1.2個分を充填してそれを艦首方向に一気に放出するというエネルギー砲であるというイメージなのでしょうね。ちなみに一般のSFでは「小宇宙1つ」というのは「銀河系1つ」という場合が多いです。これをヤマトの設定にあてはめると波動砲は銀河系1.2個分のエネルギーを圧縮?発射している兵器という事になりますね。100%までというのは容量が100%の場合なのであって、ヤマト波動砲はきっと容量が100%ではないのでしょう。週一か週二かみたいなものではないでしょうか。それは、違うか????。ペット飲料なども口元まで、すりきりいっぱいは充填されていませんよね。売っている充填量がラベル表示の100%、あふれるほど入れるのが120%、あるいはそれ以上ってことでどうでしょう。波動砲って、ヤマトが宇宙の果てまで飛んでっちゃうという説を聞いたことがありますが、真偽は?<濃いの?を溜めて、みたいな?!>100%が偏差値50という意味なのでしょう。通常運用は上限80%で使用していて、そのポイントを100%と見立てているとか。地球って星では飛行機のジェットエンジンなどは、定格出力の105%などを出して離陸することが実際に稀でない。連続運転で安全を維持できる最大限の運転出力が100%って言ってるだけです。通常でない120%を持ってくることで緊迫感を視聴者に訴えるわけです波動砲みたいな反則兵器を100%で使ったら相手に失礼なのかと??は、置いといて、中坊の頃真剣に考えたことがあるんですよ。なぜ、85%とか110%ではダメなの?って。で、学校のある先生に出力120%ってできる機関って何かあったんですか?と質問したら、昔の日本軍戦闘機には水メタノール噴射ができるものがあり強制冷却、短時間、自壊リスクと引き換えに120%出力にできる、と聞きました。ソースは怪しいですけれどね??しかしなるほど、ヤマトは軍事マニアの原作者ですからコレってありうる!と思った次第でした。150%まで充填します!って言った時も一回だけありましたよ船舶の能力は連続最大出力を100%とするのです連続して使用できる能力です使用限度の約80%です短時間の使用ならこの能力まで使えます波動砲の使用はごく短時間なので120%もあり得ますこういう問題は数学的な考えが通用しないのです松本零士伯もこの観点から設定されたのだと思います設定に「100%の定義」が無いので推察するしかないですが、いろいろと考察している人は居ます。常識的に考えると、充填率という考え方で100%を超えるのは、通常充填で満充填を100%と定義することから、圧縮充填や補助タンクへの充填を含めて100%を超えるというのが普通です。波動砲の場合、タキオン粒子波動エンジンを利用したもので、「何を」充填するのかがいまいち明確ではない部分があります。そのため、通常運行上のエンジン出力の最大値を100%と捉え、オーバードライブ状態を100%超と定義していることが想定されます。まぁ、「100%よりもすごい」ということを示唆しているセリフではあるので、まともに考えるだけ無駄ということも言えなくはないですが、世の中的に100%以上が無いわけではないですよ。容量が100%なのですから120%というのは圧縮充填された状態です。まあ、波動エネルギーが圧縮できるのかどうかは知らないですが。可笑しくないですか?物理カテゴリで宇宙戦艦ヤマトとかいっちゃう輩の頭のつくりがですか?確かにおかしいですね。そういうのはマンガカテゴリですべきだとわからないのだから。ヤマト以外でも120% とか使う人がいますが、100%以上はないですよね? 質問そのものの回答としても、何を100%といっているかわからないのだからおかしいもクソもないでしょう?仮に1回ちょうど分で100%というなら予備に20%予備に用意しておくなんて別におかしいことでもなんでもない。燃費10km/Lの自動車で100kmのドライブにいくのに、10Lジャストガソリンを入れておくバカなんていないでしょうお前さんはそういうことをする手合いなのかもしれないが。10Lで足りるのに30L給油したら、エネルギー充填300%じゃないか。私はこんなイメージで理解していました。圧縮空気で弾を発射する空気鉄砲で、空気圧が120%に圧縮されたところで、20%分のエネルギーで弾が発射される感じ。それならば平常時からエネルギー充填100%でそれ以下はないはずだろうと言われるかもしれませんが、ヤマトの波動エネルギーは通常は推進力として使われているので、波動砲回路は閉ざされていて平時のエネルギー充填は0%なのです。つまり、動力回路から波動砲回路にエネルギーを切り替えるプロセスが0~100%、それをさらに増幅して攻撃用の余剰エネルギーを蓄えた状態がエネルギー充填120%なんだと思います。個人的な解釈としては波動砲を動かすために必要なエネルギー量が100%ということで、波動砲に蓄えられるエネルギーの許容量MAXが100%ということではないということだと思ってます。例えば波動砲発射までに敵の攻撃を受けるなり故障なりでエネルギーのロスが起きたとしても確実に波動砲を撃てるよう、あらかじめ多めにエネルギーを装てんしておいているという感じかなぁと。…まぁ実際の所はそう言った方が強さが分かりやすいからとか、そういう理由な気もしますけどね。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*