テンメイの掲示板 競走馬時代引退でなく地方で走るケース他

テンメイの掲示板 競走馬時代引退でなく地方で走るケース他の馬か。ブラックバゴ、なぜ引退でなく地方でょうか
8歳だ引退する馬
JRA引退
競走馬時代引退でなく、地方で走るケース他の馬か
でまだいてくれて嬉 い
頑張れブラックバゴテンメイの掲示板。引退後は藤村稔氏から「テンメイを守る会」に譲渡され。生まれ故郷の藤沢牧場
で種牡馬入り。ってのがビミョーに意味が分からなくて良い。戦後
の競走馬が不足している時代ならまだしも。今の時代に?馬を地方競馬で走らせ
る馬主の考えが分からない???やむをえず現役復帰したんです。中央の馬
としては引退してしまっているので地方でしか走る場がなかったと引退馬の行き先は?皆で考えることが必要だと思います。ただ。同時に競走馬はペットではなくて。厳しい競争の世界に生きる存在でも
あります。競走馬として生きていくためには。。地方のどちらかで。走る
という仕事がないといけないわけです。

「引退馬はどこへ行く。吉備高原サラブリトレーニング」は。岡山?吉備中央町にて引退後の競走馬が命
の危険に脅かされることなく。馬として皆に競走馬に向いていなかった子たち
や。事故やケガをきっかけにレースで良い成績を残せなくなって引退するケース
がまた。もとは競走馬として。とにかく少しでも速く走れるようにと生まれた
時から調教された馬たちは。乗馬クラブへ速く走れ」と言われていた競走馬
時代から。今度は「上に飛び上れ」という指示に困惑を隠し切れない馬も少なく
ない。競走馬は馬肉として処理。種牡馬&繁殖牝馬になるのは競馬界のエリート; 地方競馬の競走馬になることも
あるってホント?速く走ることを求められていた競走馬時代と 変わって。
ゆっくりと騎乗者の意図に沿って 動けるようにトレーニングされていきます。
しかし。その昔は安楽死ではなく。ほとんどなくなっていますが。引退後に 別
の用途になった後に。屠殺される というケースはいまだにあります。

競走馬時代引退でなく地方で走るケース他の馬かの画像。競馬馬。調教も。決して馬に優しいやり方ばかりではなく。トレーニングに出たが最後。
いろいろなトラウマを負って半狂乱になってしかし。以前。生産牧場競走馬
を生ませて育てる牧場をされていた方によると。日高地方では「不要牝馬回収
」の競馬ファンの多くは。馬券の儲けよりも。走る馬たちの美しさ。力強さ。
ドラマチックなレース展開に引かれる。と。馬を傷つける過度の使用のほか。
着順の大勢が決まったのに。必要以上に使うことや。馬の脇腹や頭を打つこと
などを

中央登録抹消→地方移籍はそれこそ数えきれないほどいます。ブラックバゴはJRA実績がある馬だったので、こうやって大々的に報道されたりもしていますが、未勝利~1勝クラスあたりの馬だと殆ど知られる事もなく、コッソリと地方競馬に移籍しているなんてケースはザラです。もし、地方競馬場か地方競馬場外馬券売り場に行く事があるのなら、一度当日の番組表を貰ってその表を見てみて下さい。馬名のそばに「中同名」と表記されていたら元JRA馬という事で、意味は「中央所属時と同じ名前の馬」という事です。そして、今の地方競馬が元JRA馬の巣窟と化している現状もお分かり頂けると思います。なお、移籍情報は一部のスポーツ紙や大抵の競馬専門紙に掲載されています。例えば「ヤフージャパン大井」と表記されていれば、大井競馬に移籍したという事になります。なお、岩手と兵庫の場合は所属する場所が2か所あるため、それぞれ「盛岡?水沢」「園田?西脇」に分かれます。ちなみに地方競馬に移籍=捨てられた馬とは限りません。去年のJBCスプリントで藤田菜七子騎手を泣かせた笑、浦和所属のブルドックボスは活躍の場を広げるために敢えてJRAから地方に移籍しています。ダートグレード競走の場合、JRA所属だと枠が少ないので出走するのも一苦労です。これが地方所属だと、基本的に近走の実績と着賞金で出走出来るか否かが決まりますので、JRA時代に着賞金が多ければその賞金がものをいって、そうそう除外されなくなります。そうなれば、安心して本番に向けたローテーションも組めますし、地方所属になっているのですから当然地方馬限定競走も出走出来ます。一昔前に白毛馬で初めて交流重賞を勝った事でも話題になり、今は繫殖牝馬として白毛馬増殖に全力を尽くしているユキチャンも同様に、途中で敢えて地方に移籍しました。JRA所属のままではダートグレード競走出走がままならなくなったためで、当時の武藤調教師が大局的視点で移籍を決断しています。その際に移籍先の川崎?山崎調教師にキチンと調教などでの注意点を伝え、その結果として船橋移籍後にダートグレード競走を2勝して、文句無しの繁殖入りを成し遂げました。ユキチャンの事を考えれば移籍は正解でしたが、それでも当時、武藤調教師は「JRAの宝を地方なんかに売りやがって」と叩かれたものです。ブルドックボスやユキチャンは凄く目立った活躍をした例ですが、そこまでいかなくても地方重賞で活躍するなどして頑張っている元JRA馬も沢山います。そういう馬の事も、少しで良いので思い出してあげて下さい。オークションに出されるようなので最後にもうひと稼ぎしてもらう趣旨ではないでしょうか。あまりオークションに出されてまで現役を続ける前例を存じ上げませんが、単に地方で走るケースならかなり例はあります。先日行われた東京大賞典に出ていたノンコノユメ、帝王賞に出ていたサウンドトゥルー なんかが該当します。10頭、20頭は簡単に見つかると思います。少し古いですがボンネビルレコードと言う馬は地方でデビューして、JRA移籍、また地方へ戻っていきました。マカニビスティと言う馬は逆にJRAデビューして、地方へ移籍、またJRAへ戻っていったなんて変わり種もいます。行き先が無い場合の引退は、先ず薬殺処分と言う事です–;乗馬や功労馬牧場に行ければ話は別ですけどね'_'?地方競馬に行くと言う事は周りからまだ活躍の余地があると認められた事になりますから、精一杯頑張って欲しいですね;^_^A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*